設計部

当社の心臓の役割を果たします。自社のスタート地点の部署です。回路図をいただければ0から設計して製缶図、機械加工図、組立図に分配いたします。組図をバラすのもお任せください。2D,3D設計で組立図から製作図まで一環管理してお請けします。

設計部の仕事は、全ての部署と頻繁にやりとりします。ですのでコミュニケーション能力も必須になります。普通の会社なら、設計の仕事だけをもくもくと書き続ければいいかもしれません。しかし、当社は設計部にかかる負荷は大きく、製缶部に材料の打ち合わせをします。機械部に加工指示をしたり、加工配分を調整します。組立部に図面改良も促したり配管指示をするなど、様々な分野でのコミュニケーションが必要です。設計部にあまり負荷がかからないよう、他部署で出来ることはないかと思案中です。

近年は組立部との連携が頻繁で、さまざまな組立受注をありがたいことに頂きます。配管指示も年々複雑になり、完成品もかなり大きくなる傾向にあります。そこで問題になるのが、ほぼ完成間近でのトラブルです。ある箇所が足りないことに気づいたり、部品がスライドすると干渉したりと2Dの図面だけではカバーできず、納品間近でのトラブルがお客様に多大な迷惑がかかります。そこで、当社の設計部は事前に組立部に3D図面(下部参照)を提供することによって、未然に干渉することを防ぎ、スムーズに機械組立や配管組立に向かうことができます。

前の記事

次の記事