組立・配管部

当社の機械組立、配管組立のスペシャリストが在中する部署となっております。なお機械加工後の衛生から出荷までの総合も兼任しております。組立・配管部の主な仕事は、組立図を瞬時に理解できる読解力と最終の完成品が頭で出来上がっていることが重要です。機械部のように、機械に特化した能力ではなく、既存の物を組み合わせたり、細かい溶接や、配管のカットなど何でも出来る能力が必要な部署になっております。組立・配管部の人選は、正確かつ丁寧な仕事をする人が不可欠です。組立図の通りに限られた空間の中に全ての設備や部品が納まるように施行順序や方法を錯誤しないといけません。3D空間で物事を考えられる人が有能です。

当社の組立部は最終地点になることが大半です。よってお客様とマンツーマンで作業することも多々あります。別コラムでも書きましたが、お客様のご要望で、完成品間近での変更や追加加工も即座に対応できます。それは、製缶部と機械部が隣接しているためです。これこそが当社の強みとなっております。

品質向上と納期厳守

組立部リーダーは出荷までの全責任者で納期厳守と品質管理を任されております。自部署だけではなく、各部署にも徹底した品質管理の教育を促してくれます。筆者は機械部出身で幾度となくリーダーと今となっては良い意味で衝突してきました。自身は若い頃、沢山の仕事をいかに速く加工するかが最大の仕事ができるポイントだと捉えておりました。多少、残作業があっても機械の回転率を上げることが最優先だと思っており、自分優先で機械加工をしておりました。しかし筆者はリーダーの叱咤や助言で組立部の仕事を手伝って現場を知ることを覚えました。こういう風に機械加工をすれば、残作業者がやりやすくなると気付き、機械部で賄えることは全て機械部でまかなうことが、結局はトータル的には品質向上や時短にも繋がると、鼻をへし折られ今に至ります。何事も現場を知る。次作業者のことを考えて仕事をすることを念頭に置いて、を教えられました。

少し脱線しましたが、当社の最終着地点なので、全ての加工、溶接、配管の厳しいチェックを通過した製品が初めて出荷となります。製缶部の遅れ、機械部の遅れをもろに受ける部署なので、迅速な作業が求められます。

前の記事

次の記事